苦手科目の克服にも利用した横浜の医学部専門予備校

緊張感を維持しながら集中して授業に望めた

医学部 予備校 横浜 : 個別指導の医学部予備校

入学を決める前には、体験授業を受けることができた : 緊張感を維持しながら集中して授業に望めた : 運良く志望校合格を果たすことが出来ました

実際の授業を利用したのは通年の従業は英語、日本史(センター)、国語の3科目です。
数学や化学は夏期講習だけの利用にしました。
授業は一学期は復習を中心ですすめました。
この3科目に共通することではありましたが、使用されるテキストはで断片的な知識ではなく総合的な情報が上手に編纂されているものでしたので、「このテキストをぼろぼろになるまで復習しようと」と決意し、なんども何度も復習しました。
最初はなかなか模擬テストの点数も伸びずに焦ったこともありましたが、夏休み前には、授業で習った内容がしっかりとインプットされていきていると感じることができ、以前は苦手意識が合った問題(英語の長文読解、国語の古典文法問題、日本史の資料や地図問題など)もかなり自信をもって回答できる用になってきました。
夏休みに関しては、得意科目を中心に夏期講習を選択しました。
演習問題を中心とした実践的な講座を受講しましたが、まわりのライバルも多数参加していることもあり、緊張感を維持しながら集中して授業に望めたように感じています。
私は、他の受験生に比べて特?に理解力が高いとは思いませんが、この予備校で1学期、および夏休みに教えてもらったことはかなり吸収できたような気がします。